30代でかっぱハゲを治した私が行うたった一つの改善方法

こんにちは。当サイトは私がかっぱハゲを改善するまでに、時間とお金を無駄に使ってしまった失敗談から、あなたに役立つ情報を提供できるのではないかと思い作成しました。

 

私は頭頂部から髪が薄くなっていった、いわゆるかっぱハゲでした。

 

かっぱハゲの症状に気づいたのは29歳の時で、比較的早い段階で頭頂部が薄くなってきていることに気づいたのですが、その対策法を間違ってしまい、どんどん薄毛が進行してしまいました・・・。

 

とりあえず先に声を大にして伝えたいことがあります。それは、科学的根拠のない薄毛改善策は今すぐに止めるべきです!

 

有名育毛剤の宣伝文には、

  • すぐに発毛効果が実感できる
  • 使用者の喜びの声
  • 返金保証うを付ける

など、迷っているユーザーの背中を押す美辞麗句が並んでいます。

 

薄毛で悩んでいる人は、このような宣伝文句につられて育毛剤を購入しているのではないでしょうか?私もその一人です・・・。

 

医薬部外品の育毛剤を使ってかっぱハゲを改善させることは、ほぼないと言っていいと思います。

 

私も頭頂部の薄毛に気づいた当初は、育毛剤で改善させようと何本もの育毛剤を試してみましたが、全くといっていい程効果はありませんでした。

 

先に結論を述べると、私はAGAのクリニックに通うことによってかっぱハゲを克服しました!

 

医療の力はやっぱり凄まじい効果があります。

 

効果のない育毛剤を定期購入するよりかは費用は安いですし、効果も出やすいです。

 

それではなぜAGAのクリニックでの治療が効果的なのかを解説していきます。

 

科学的根拠のない薄毛改善策は今すぐに止めよう

冒頭にも説明した通り、育毛剤には発毛する科学的根拠がありません。なのにさも発毛するかのように宣伝して、ユーザーの弱みにつけこんできます。

 

私個人的にはネットの広告に力を入れて販売している育毛剤はうさん臭いと思っています。

 

その理由はOEMという仕組みからくるものです。

 

簡単にいうと、育毛剤として有名なチャップアップやイクオス、ブブカ、マイナチュレなどは全て同じ製造元(株式会社天真堂)で、全て同じ販売名なのです。

 

商品名はチャップアップ、イクオスとそれぞれ違いますが、販売名は「薬用ソヴール-08」という同じ商品なのです。

 

信じられないという人もいらっしゃると思いますが、「株式会社天真堂」と検索してみてください。

 

これ以上言及すると何か言われたりするかもしれないので、止めておきますが、育毛剤の世界は薄毛をコンプレックスに感じている人を商品名を変えて、次から次へと騙し続けることで利益を出している怖い世界なのです。

 

また育毛剤は医薬部外品であります。

 

医薬品と違って病気の治療効果が認められなくても、厚生労働省が許可した成分が入っていれさえすれば医薬部外品として販売できてしまいます。

 

よく厚生労働省認可を売りにした育毛剤を見かけますが、決して髪が生えることを国が保証しているわけではないので、注意してください。

 

育毛シャンプーに惑わされてはいけない

かっぱハゲに悩む人にとっては、普通のシャンプーを使うよりは育毛シャンプーを使った方が何となく良い気がしませんか?

 

しかし育毛シャンプーに髪が生えるなどの効果は一切ありません。

 

「そんな・・・。だって結構高い値段するのに。」

 

私もそう思いましたが、育毛シャンプーも育毛剤同様に、医薬部外品ですので、育毛効果がある成分が含まれてはいますが、薄毛を改善する効果はありません。

 

せいぜいフケを抑えるといった位でしょうか・・・。

 

なので高い育毛シャンプーを使い続ける意味はないと私は思っています。

 

頭皮マッサージの効能は?

育毛剤や育毛シャンプーには頭皮マッサージを推奨していますが、頭皮マッサージが発毛に及ぼす影響、効果はどの程度あるのでしょうか?

 

これには諸説あるので、一概に推奨したり、否定したりはしませんが、ひとつ言える事は頭皮マッサージで発毛するということは科学的根拠に欠けるということです。

 

とは言え、マッサージをすることで血行が良くなり、頭皮が柔らかくなるのは事実ですし、自宅で無料で出来るので毎日の習慣にするのは良いと思います。

 

ヘッドスパで髪は生えてくるのか

頭皮マッサージはセルフケアのイメージですが、美容院などで本格的に行うものとしてヘッドスパがあります。最近ではエステサロンや発毛サロンでも独自のヘッドスパを行っています。
ただヘッドスパを行うことによって髪は生えてくるでしょうか。

 

この答えは頭皮マッサージと同じで、ヘッドスパでは発毛効果はありませんし、医学的にも証明されていません。ただリラックス効果などはありますので、髪を生やしに行くのではなくリラクゼーションとして通うのはありだと思います。

 

ここまで色々と科学的根拠のない薄毛改善策は列挙してきましたが、その他に、

  • 育毛サプリ
  • 育毛サロン
  • 増毛
  • 植毛
  • カツラ

など薄毛の人を対象にしたサービスは山のようにありますが、その治療法は科学的根拠に基づいて行われているのかをよくと調べてから判断してください。

 

簡単に答えだけを述べると、上で列挙したサービスに髪を生やす効果はありません・・・。

 

かっぱハゲの改善は医者に頼るのが良い

やっぱりなんだかんだ言っても医療は頼りになります。ちゃんと発毛効果が認められている薬を服用できるので何かしら髪に良い影響を与えます。

 

かっぱハゲは典型的な男性型脱毛症(AGA)の症状ですので、まずは病院に行ってAGAなのかどうかをチェックしてもらうことをおすすめします。

 

 

かっぱハゲ,治す,30代

 

 

AGAの治療法には5段階のおすすめ度が定められています。推奨順にA、B、C1、C2、Dと分けられています。このランク分けは日本皮膚科学会というちゃんとした有識者の意見をまとめて策定されたものなので、多くの病院では治療の際に参考にしていますし、患者さんへの説明の時にも用いています。

 

Aランクは「行うよう強く勧められるもの」となっていて、フィナステリド内服やミノキシジル外用などがあります。

 

フィナステリドやミノキシジルはかっぱハゲになってしまって、悩んでいる人ならばもしかしたら聞いたことがある言葉かもしれませんね。

 

AGA治療では広く一般的に行われている治療になっています。

 

フィナステリドとは

フィナステリドは元々は前立腺肥大症の治療薬として「プロスカー」という名称で発表されたものでした。このプロスカーは前立腺肥大症の症状が良くなる事はもちろんだったのですが、服用した患者の髪が生えてくることが確認されました。

 

その以降はAGAの治療にも使えるのでは?という声があがり、育毛剤として使われるようになりました。

 

フィナステリドにはAGAの発症理由であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する酵素のU型5αリダクターゼの阻害効果がある事が研究でわかりました。

 

1997年にはアメリカでAGAの治療薬として認可を受け全世界に広まりました。

 

それまでの発毛薬は頭皮に直接塗布するものしかなかったのですが、フィナステリドは飲む薬だったので発売当時は衝撃的だったみたいです。

 

フィナステリドは日本では「プロペシア」という名称で発表されています。

 

プロペシアは1年間飲み続けると58%、2年間飲み続けると68%、3年間飲み続けると78%の人が改善を実感出来ました。つまりフィナステリドは3年間続けると、約8割の人が薄毛を改善出来る薬として認められました。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドの良い事ばかり説明してきましたが、薬である以上副作用というものがあります。

 

ただ先に結論を書くと、フィナステリドは副作用が少ないです。副作用の少なさもAランクになった要因になっています。

 

よく育毛剤を販売しているサイトなどでは、「フィナステリドを服用すると副作用があります。副作用の心配がないのはこの育毛剤です!」みたいな消費者を煽る誇大広告を見かけますが、あれは全くのデタラメです。惑わされないようにしてください。

 

副作用の心配がないから、医師の処方なしでも海外からフィナステリドを購入することができます。これが副作用の心配が要らない何よりの証拠だと思います。

 

一応フィナステリドの副作用と思われる症状として、性欲減退が挙げられますが、性欲は精神的なものが大きく作用してくるので、本当にフィナステリドの副作用で起きているのかはよくわかっていません。データとして服用した患者の2%以下が性欲減退の症状が出るとしています。

 

また1%以下ですが、うつ症状が出るとされています。男性ホルモンにはやる気を向上させる機能があるのですが、それを抑制してしまうから出る症状なのではと言われています。フィナステリドを服用して気分が落ち込むようなことがあれば、すぐに服用を中止したい旨をかかりつけの医師に相談してください。

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルは元々は高血圧の患者に対して血圧降下剤として開発された薬でしたが、患者さんに多毛の症状が出始めて、路線変更して頭皮に塗る外用薬として研究が進められ、発売することが認められた薬です。

 

ミノキシジルは日本では「リアップ」として発売され、夢の毛生え薬と騒がれました。

 

リアップは発売当初はミノキシジル配合1%のものしかなかったのですが、2009年にミノキシジル5%配合のものが発売されました。それでもアメリカではミノキシジル15%配合している製品もあるので、もっとミノキシジルを高配合した製品が出てほしいものです。

 

ミノキシジルもフィナステリド同様、日本皮膚科学会のランク付けでAランクの薬となっています。

 

ミノキシジルは血管を拡張させて血流を良くするだけではなく、アデノシンという成分を分泌させています。アデノシンは毛髪を作る毛乳頭細胞からタンパク質の生成が促進されます。
頭皮には細い毛細血管が張り巡らされていて、毛母細胞に栄養や酸素を運んでいます。ミノキシジルによって今までの生活環境によってダメージを受けた血管を修復して、髪の毛が生えやすい環境になっていきます。

 

ミノキシジルの副作用

外用薬のミノキシジルを塗布している限り、副作用の心配は塗布した部分に限られるのでほとんど心配はいりませんが、内服薬であるミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用する場合は、ちょっと副作用の事も頭に入れておいてください。といっても、Aランクの薬ですので、ほとんど副作用の心配はいらない事に変わりはありません。

 

まずミノタブを服用した場合ですが、必要以上に血圧を降下させてしまう場合があります。なのでミノタブを服用する場合は、自分の健康状態をしっかりと医師に伝えることが大切です。特に貧血気味の場合は必ず医師にその事を伝えてください。

 

あと健康に害はないと言われていますが、多毛の症状が現れる場合が報告されています。髪が生えてきてくれる分には喜ばしいのですが、胸やヒゲなどの体毛が濃くなってしまう人がいるみたいです。

 

かっぱハゲが気になり始めたら最初からクリニックへ

ハゲ始めたばかりの状態の人の頭皮はほんの少し血管を拡張するだけで改善したりする場合も多々あるそうです。

 

けど前述した通り、有名育毛剤の消費者を煽るキャッチコピーで、多くの人はまず自分で購入できる育毛剤を買ってかっぱハゲを改善しようと努力してしまいます。

 

しかし何の科学的根拠のない育毛剤ではいくら塗っても当然髪は生えてきません。そうこうしている間にどんどんAGAは進行してしまい、気づいた時にはもう中期、もしくはかなりAGAが悪化した状態になってしまいます。

 

私もそうでしたので、これを読んでくれているあなたには一刻も早くちゃんとした治療を受けてもらいたいです。

 

30代位であれば3年もフィナステリドやミノキシジルを服用しなくても、かなり改善できる可能性が残されています。

 

信頼ができる病院であればどこでも構いませんが、私が通っていたのはAGAスキンクリニックという病院でした。

 

薄毛治療でとても実績があるクリニックなので住んでいる地域の近くにAGAスキンクリニックがある人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

かっぱハゲ,治す,30代

 

 

更新履歴